最新の投稿

SNSマーケティングで売上や集客などのコンバージョンにつなげるには、想定するターゲットに対してリーチするための戦略と実践、そして反応の分析によるフィードバックの循環を構築することにあります。
SEO対策においてキーワード選定の重要性が認識されているアナライズとして、SNSにおいても頻出するワードに着目することが、実態にそった分析結果の獲得と、効率的なマーケティングにつながります。

そこで頻出する基本用語は何か、に対して敏感になる必要があります。
基本用語とはSNSにおいて二次拡散三次拡散されていたりバズられたりすることで、ユーザーの高い関心を引いている言葉のことです。
頻出する基本用語はマルチに注目を集めている場合もあれば、特定のソーシャルメディア空間を中心において頻出する場合もあります。
頻出する基本用語について留意するべきなのは、Twitter・Facebook・Instagramなどを指摘することができるでしょう。

マーケティングのコンバージョンの成果を判断する指標には、インプレッション数やリーチ数があります。
インプレッション数とは、広告が表示された回数のことです。これに対してリーチ数とは広告が実際に閲覧された回数のことを意味します。
Twitter・Facebook・Instagramなど主要なSNSでは投稿の特徴や方向性には違いがありますが、インプレッションやリーチ数はマーケティングがどれほどのパフォーマンスを挙げているのか、貴重な情報を提供してくれます。

マーケティングにおけるインプレッションやリーチ数を解析するツールとして、各SNSにはインサイトという解析機能が実装されています。
Twitterのインサイトは、Twitterアナリティクスと言うものです。
Twitterアナリティクスを活用することで、どのツイートが注目を集めるか、フォロワーが増加する要因にはどのようなものが想定されるか、DMによる問い合わせの要因は、などを解析することが可能です。
これに対してInstagramが提供している解析機能が、Instagramインサイトになります。
Twitterアナリティクスを使用するには特段の手続きは必要ありません。
しかしながらInstagramインサイトを利用開始するにはビジネスアカウントに移行する必要があります。
このように各SNSのインサイトを活用し、今後のマーケティングにフィードバックすることが重要です。